著作

1.単著

20102月 『カーストと平等性インド社会の歴史人類学』東京大学出版会 576頁(平成22年度第14回「国際開発研究・大来賞」、平成23年度第32回「発展途上国研究奨励賞」、平成24年度第27回「大同生命地域研究奨励賞」

20065 Cultural Politics of Ethics in Everyday Practice: Caste, Local Society and Vernacular Democracy in Orissa, India. Ph.D. thesis submitted to University of Tokyo.(東京大学大学院総合文化研究科提出博士論文、20065月提出、200610月学位授与。)

 

2.共編著

2015 年 Crispin Bates, Akio Tanabe and Minoru Mio eds, Human and International Security in India, London: Routledge, 189 p.

2015年 田辺明生・杉原薫・脇村孝平編『多様性社会の挑戦』〈シリーズ現代インド1〉東京大学出版会 392頁。 全体を共編ほか、序章「カースト社会から多様性社会へ現代インド論のパラダイム転換」、第12章「グローバル・インドのゆくえ多中心的なネットワークの展開」を担当。

2014    Taberez Ahmed Neyazi, Akio Tanabe and Shinya Ishizaka eds, Democratic Transformation and the Vernacular Public Arena in India, London: Routledge, 222 p. Contributed ‘Introduction: Democratic transformation and the vernacular public arena’ (pp. 1-24, co-authored with Taberez A. Neyazi) and ‘Politics of relations and the emergence of the vernacular public arena: Global networks of development and livelihood in Odisha’ (pp.25-44, co-authored with Yumiko Tokita-Tanabe).

2012年 杉原薫・脇村孝平・藤田幸一・田辺明生編『歴史のなかの熱帯生存圏温帯パラダイムを超えて』京都大学学術出版会 全体を共編ほか、終章「多様性のなかの平等生存基盤の思想の深化に向けて」を担当。400頁。

2010年 田中雅一・田辺明生編『南アジア社会を学ぶ人のために』世界思想社 全体を共編ほか、「序章」、「民主主義」、「ポストコロニアルとは何か」を担当309

2010 杉原薫・川井秀一・河野泰之・田辺明生編『地球圏・生命圏・人間圏――持続的生存基盤とは何か』京都大学学術出版会 427頁 全体を共編ほか、「生存基盤の思想――連鎖的生命と行為主体性」の章を担当 365-393頁。

2009 加瀬澤雅人・田辺明生編『技術と社会のネットワーク課題と展望』Kyoto Working Papers on Area Studies, Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University.

2006 The State in India: Past and Present (co-edited with Masaaki Kimura), New Delhi: Oxford University Press, 336p. 全体を共編ほか“Introduction” (pp.1-34) および “Early Modernity and Colonial Transformation: Rethinking the Role of the King in Eighteenth and Nineteenth Century Orissa” (pp. 202-228)を担当。

2005 Dislocating Nation-States: Globalization in Asia and Africa (co-edited with P.N. Abinales and N. Ishikawa), Kyoto and Melbourne: Kyoto University Press and Trans Pacific Press, 289p. 全体を共編ほか “Introduction”(pp.1-14) および “conclusion” (pp.271-283) を担当(どちらもP.N. Abinales and N. Ishikawaとの共著)。

2003 Gender and Modernity: Perspectives from Asia and the Pacific (co-edited with Y. Hayami and Y. Tokita-Tanabe), Kyoto and Melbourne: Kyoto University Press and Trans Pacific Press, 309p. 全体を共編ほか “Introduction” (pp. 1-16, Y. Tokita-Tanabeとの共著) および “Power, Culture and Masculinity in (Post-)Colonial Orissa, India” (pp. 61-86)を担当。

 

3.論文

2016年 「宗教性からみたインド―存在の平等性にもとづく多様性の肯定」大澤真幸編『宗教とこころの新時代』岩波書店 91-117

2015年 Akio Tanabe and Minoru Mio, “Epilogue: human and international security un an age of new risks and opportunities”, Crispin Bates, Akio Tanabe and Minoru Mio eds Human and International Security in India London: Routledge, pp.175-184

2015年「〈史〉と〈詩〉のあわい―臼田雅之著『近代ベンガルにおけるナショナリズムと聖性』を読んで」『現代インド研究』第5 167‒196

2015年 「民主主義の拡大と再編―ヴァナキュラー・デモクラシーの台頭」 長崎暢子・堀本武功・近藤則夫編『深化するデモクラシー』〈シリーズ現代インド3〉東京大学出版会 27-49

2014年 「現代インドにおける宗教と公共圏」島薗進・磯前順一編『宗教と公共空間』東京大学出版会 235-260

2014 「インド民族運動の転換」山室信一・岡田暁生・小関隆・藤原辰史編『世界戦争』〈現代の起点 第一次世界大戦 第1巻〉岩波書店 101-124

2014  「リンガとファルス――フェティシズムの植民地主義からの解放のために」田中雅一編 『フェティシズム研究2 越境するモノ』京都大学学術出版会 pp. 69-93.

2013年 「トランスカルチュレイションとナショナリズムガーンディーにおける身体と政体の自己統治(スワラージ)」田中雅一・奥山直司編『コンタクトゾーンの人文学 第4巻 Postcolonial/ポストコロニアル』 晃洋書房  101-127

2013 「ヒンドゥー教とダルマ――「宗教的なるもの」の可能性―― 小杉泰編   『環インド洋地域における宗教復興・テクノロジー・生命倫理』科学研究費補助金基盤研究(A)「環インド洋地域における宗教復興・テクノロジー・生命倫理」(研究代表 小杉泰)、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属イスラーム地域研究センター、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属現代インド研究センター 3-17

2013年「近代インドとイスラーム世界――分離独立をめぐる代表政治とトランスナショナルな民衆運動」『南アジアとイスラーム』37-50

2012年 「「開発民主主義」の挑戦−多様性社会インドの道」『アステイオン』77号 82-98

20123月 「関係性の政治開発と生存をめぐるグローカルネットワーク」(常田夕美子と共著)速水洋子・西真如・木村周平編『人間圏の再構築』京都大学学術出版会333-371

20114 “King, Goddesses and Jagannath: Regional Patriotism and Sub-regional and Local Identities in Early Modern Orissa.” Georg Berkemer and Hermann Kulke eds. Centres Out There? Facets of Subregional Identities in Orissa, India. New Delhi: Manohar, pp. 227-253.

20113月 「現代インド地域研究私たちは何をめざすか」『現代インド研究』第1号 1-18

200912月 「植民地期インド・オリッサにおける社会変容――歴史人類学的検討」『人文学報』98号 1-79

20093月 “Cultural Politics of Life: Biomoral Humanosphere and Vernacular Democracy in Rural Orissa, India” Kyoto Working Papers on Area Studies, Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University.

20093月 「サバルタン・スタディーズと南アジア人類学」『国立民族学博物館研究報告』333 329-358

200812月 「構造から生成へ――南アジア社会研究の過去・現在・未来」『南アジア研究』第20 208-225

2008年 「一八世紀インド・オリッサ地域社会における職分権体制――王権、市場、宗教との関連におけるその近世的性格」『西南アジア研究』69 33-58

20088月 「民主主義――ばらばらで一緒に生きるために」春日直樹編 『人類学で世界をみる医療・生活・政治・経済』ミネルヴァ書房 205-226

20083月 「民族医療の知的潜在力――持続型生存基盤パラダイムのための一考察」 (加瀬澤雅人との共著)『イスラーム世界研究』第12 300-313

20078月  "Toward Vernacular Democracy: Moral Society and Post-Postcolonial Transformation in Rural Orissa, India." American Ethnologist 34 (3): 558-74.

20076  "Understanding Ethical Basis of Local Democracy: Towards Post-Postcolonial Transformation in Rural Orissa, India." In Political and Social Transformations in North India and Nepal, edited by Hiroshi Ishii, David Gellner and Katsuro Nawa, 131-65. New Delhi: Manohar.

20067 "Recast(e)ing Identity: Transformation of Inter-Caste Relationships in Post-Colonial Rural Orissa." Modern Asian Studies 40(3): 761-96.

20066月 「デモクラシーと生モラル政治――中間集団の現代的可能性に関する一考察」 『文化人類学』第71巻1号 94-118.

20062"Democracy and Development in Agrarian India: An Anthropological Reflection on Rural Political Economy." In Democracy and Development in South Asia: East Asian Comparative Perspectives, edited by Nobuko Nagasaki, 26-52. Kyoto: Ryukoku University.

2005 12 "The System of Entitlements in Eighteenth-Century Khurda, Orissa: Reconsideration of 'Caste' and 'Community' in Late Pre-Colonial India." South Asia 28(3): 345-85.

20053月「近代人種主義の二つの系譜とその交錯――地域連鎖の世界史から人種を考える」竹沢泰子編『人種概念の普遍性を問う――西洋的パラダイムを超えて』人文書院 205-226.

2004年 「儀礼のなかの歴史/歴史のなかの儀礼――人類学の視点から」『歴史の理論と教育』名古屋大学文学部内 歴史科学研究会 第18 19-29

2003年「インド世界周縁部における王権確立の過程――オリッサ・クルダ地方の事例から」角田文衛/上田正昭監修 初期王権研究委員会編『古代王権の誕生 II 東南アジア・南アジア・アメリカ大陸編』角川書店 116-133.

2003 "The Sacrificer State and Sacrificial Community: Kingship in Early Modern Khurda, Orissa Seen through a Local Ritual." In Sharing Sovereignty: The Little Kingdom in South Asia, edited by Georg Berkemer and Margret Frenz, 115-35. Berlin: Klaus Schwarz Verlag.

2002 "Reconsidering Spirituality and Secularism in India." In Proceedings of International Conference on Rethinking Indian Culture: Challenge and Responses. Cuttack.

2002年 「ポストモダンの課題と南アジア」長崎暢子編『地域研究への招待』 <現代南アジア 第一巻> 東京大学出版会 277-305

2002年 "Moral Society, Political Society and Civil Society in Post-Colonial India: A View from Orissan Locality." Journal of the Japanese Association for South Asian Studies 14: 40-67.

2002年「差異と同一性のエロス――インドにおけるジェンダーの可能性」青木保他編『アイデンティティ-解体と再構成』<アジア新世紀3>岩波書店 259-280

2001年「比較存在論のために」『アジア・アフリカ地域研究』創刊号129-154

2000 “Early Modernity and Colonial Transformation: Rethinking the Role of the Little King in Eighteenth and Nineteenth Century Orissa” ASAFAS Special Paper, Graduate School of Asian and African Area Studies, Kyoto University. 22p.

1999年 「土地とアイデンティティ――インド・オリッサ州クルダ地方における土地の文化政治史」杉島敬志編『土地所有の政治史――人類学的視点』風響社 125-155

1999年 "Kingship and Caste: The Relationship between King/Dominant Caste and the Brahman Reconsidered." In Rituals as Popular Culture: Towards Historico-Anthropological Understanding of Modern Indian Society, edited by Steering Committee of the Research Project, 201-30. Tokyo: Institutions, Networks and Forces of Changes in Contemporary South Asia.

1999年 "Kingship, Community and Commerce in Late Pre-Colonial Khurda." In Kingship in Indian History, edited by Noboru Karashima, 195-236. New Delhi: Manohar.

199年 "The Transformation of Ïakti: Gender and Sexuality in the Festival of Goddess Ramachandi." In Living with Ïakti: Gender, Sexuality and Religion in South Asia, edited by Masakazu Tanaka and Musashi Tachikawa, 137-68. Osaka: National Museum of Ethnology.

1998年 "Ethnohistory of Land and Identity in Khurda, Orissa: From Pre-Colonial Past to Post-Colonial Present." Journal of Asian and African Studies 56: 75-112.

1997 「伝統の政治学-インド・オリッサでの武術競技会による国民文化形成の試みとその波紋」『岩波講座文化人類学』第九巻『儀礼とパフォーマンス』岩波書店 175-207頁  

1997 「共生のしくみ-クルダ王国マニトリ城塞の事例から」『地域の世界史』第10巻木村靖二・上田信編『人と人の地域史』山川出版社 278-330

1996 "Indigenous Power, Hierarchy and Dominance: State Formation in Orissa, India." In Ideology and the Emergence of the Early State, edited by H. J. M. Claessen and J. G. Oosten, 154-65. The Hague: E.J. Brill.

1995 "Remaking Tradition: The State Government and Martial Arts Competition in Orissa, India." Journal of Asian and African Studies 48-49: 221-41.

1995 「浄・吉祥・力――インド・オリッサ社会における多元的価値構成」清水昭俊編 『洗練と粗野――社会関係を律する価値観』東京大学出版会169-186

1994年「オリッサにおける部族民――ある地域社会の事例から-」山崎元一・佐藤正哲編  『歴史・思想・構造』<叢書カースト制度と被差別民 第1巻>明石書店425-439

1993年「力の変容――インド・オリッサのラモチョンディ女神祭祀」『民族學研究』第58巻第2 170-197

1990年「王権とカースト――バラモン~王・支配カースト関係小考」『民族學研究』第55巻第2号 125-148

 

4.翻訳

パルタ・チャタジー 2015 田辺明生・新部亨子訳 『統治される人びとのデモクラシー―サバルタンによる民衆政治についての省察』世界思想社 303p.

 

5.研究ノート・小論

2013121日 「カーストの現代的変化――成長を支える文化的多様性」産経新聞夕刊文化欄

201211月「法学」「人間環境関係論」「民主主義」「エージェンシー」東長靖・石坂晋哉編『持続型生存基盤論 ハンドブック』京都大学学術出版会 pp.6-7, 70, 144-149, 150.

2011年 「『カーストと平等性』の背景とこれからの展望」『アジ研 ワールドトレンド』no.192, 38-45.

2007年「中世・近世国家における王権イデオロギー――オリッサ・クルダー地方の事例から」小谷汪之編『世界歴史大系 南アジア史2――中世・近世』山川出版社260-266

20073月 「ヴァナキュラー・デモクラシーの可能性――ダルマ思想と現代世界」『21世紀フォ-ラム』106 20-27

2002年「ダルマの現代的可能性をめぐって」『国際文化会館会報』13146-51

2000年「ラクシュミーはどこにいったのか――ポスト植民地期オリッサ村落社会における富の源泉をめぐって」文部省科学研究費・特定領域研究(A)「南アジア世界の構造変動とネットワーク」総括班 編集『南アジアの構造変動:ミクロの視点から』1999年度 国内集会(734日 龍谷大学)報告集(続)15-39

1998 「共同体と国家――前植民地期から現在までのインド・オリッサの事例から」『アジア・アフリカ言語文化研究所通信』93 58-59

1997年「<きざし>への感性――吉凶と福邪」小西正捷編『アジア読本インド』河出書房新社 123-130

1995年「歴史・権力・主体――インド・オリッサにおけるアイデンティティ形成の文化政治学」『アジア・アフリカ言語文化研究所通信』第83 12-27

1995年「呪性と王権――オリッサの場合」フジタヴァンテ編『原インドの世界――生活・信仰・美術』東京美術 112-123

1994年「人類学・社会学におけるカースト研究の動向」山崎元一・佐藤正哲編『歴史・思想・構造』<叢書カースト制度と被差別民 第一巻>明石書店353-367

1990年「歴史のなかのインド村落――インド社会論への歴史的視点からの反省」『民族學研究』553296-308

 

 

6.書評

2012年 「鈴木正崇(編)『南アジアの文化と社会を読み解く』」『南アジア研究』第24号 pp.171-178.

2008年 「小杉泰著 2006 『現代イスラーム世界論』名古屋大学出版会 xviii, 790, 114p.『アジア・アフリカ地域研究』89-96

200712月 Book Review. Uwe Skoda, The Aghria: A Peasant Caste on a Tribal Frontier. Manohar, 2005. and Yaaminey Mubayi, Altar of Power: The Temple and the State in the Land of Jagannatha. Manohar, 2005. Indian Economic and Social Historical Review 44 (4): 517-521.

2003年「名和克郎著『ネパール、ビャンスおよび周辺地域における儀礼と社会範疇に関する民族誌的研究―― もう一つの<近代>の布置』」『南アジア研究』第15

2001年「高橋正隆、高谷好一、舟橋和夫編 『日本文化のかなめ : つがやま市民教養文化講座二十年の記録』」『地域研究スペクトラム』第5 pp. 120-121.

2000年「栗本英世著 『未開の戦争, 現代の戦争』」『地域研究スペクトラム』第4 pp. 78-81.

1999年「佐藤正哲, 中里成章, 水島司著 『ムガル帝国から英領インドへ』」『地域研究スペクトラム』第3号 pp.73-82.

1994年 The Interpretation of Caste. Quigley, D. Oxford: Clarendon Press"(with Yumiko Tokita-Tanabe) in Developing Economies 32(2): 228-230, Tokyo.

 

7.辞典執筆

2012年 「カースト制」井上順孝編『世界宗教百科事典』丸善

2008年 「カースト」日本文化人類学会編『文化人類学辞典』丸善      

2004年「歴史と人類学/歴史学としての人類学・科学としての人類学」小松和彦ほか(編)『文化人類学文献辞典』弘文堂

2002年「カースト」他十項目『世界史辞典』山川出版社

2000年「コンド族」他二十二項目『世界民族辞典』弘文堂

 

8.エッセイ、コラム、討論記録その他

<座談会>2013年 田辺明生・中溝和弥・広瀬崇子・三輪博樹・名和克郎・志賀美和子・井上貴子「特別座談会 デモクラシー再考」『南アジア研究』第24号 pp.6-32

<座談会>20123月 加藤和人・木村大治・斎藤清明・田辺明生・松田文彦・横山俊夫「現代生命科学と言葉「パーソナルゲノム時代の人間を語る言葉」をめぐって」横山俊夫編『ことばの力あらたな文明を求めて』京都大学学術出版会

<エッセイ>201010月 「人類学と地域研究人文研で学んだこと」『人類学の誘惑京都大学人文科学研究所社会人類学部門の五〇年』39-41

 <エッセイ>20105月 「夢想からフィールドへ『カーストと平等性インド社会の歴史人類学を上梓して』」『UP451号 4651頁 東京大学出版会

 <コラム> 2008年「生存基盤持続型発展のために」”Toward Humanosphere-Sustainable Development” Global COE Program 生存基盤持続型の発展を目指す地域研究拠点』 Newsletter 2 13-4

 <コラム> 2007年「イニシアティブ4 地域の知的潜在力研究」『Global COE Program 生存基盤持続型の発展を目指す地域研究拠点』 Newsletter 創刊号 8

 <
座談会記録「生活世界から何を見るのか――方法の討議」『季刊南アジア 構造・変動・ネットワーク』2171-95

 <コラム> 1999年 「人類学・社会学におけるエージェンシー概念について」『季刊南アジア 構造・変動・ネットワーク』2165-66

 <エッセイ> 1999年「心に残るアシュラムでの朝食」『アジ研 ワールド・トレンド』5122

 <エッセイ> 1999年「濃密に凝縮された学びの時期」『月刊 Keidanren』 3月号 60-61

 <エッセイ> 1998年「オリッサにて」『地域研究スペクトラム』創刊号36-39

 <エッセイ> 1998年「トイレと水浴びの話――インド・オリッサの村から」海外学術調査ニュースレター No.40 13-14

 <討論記録> 19949月『東南アジアと南アジア――地域間研究の視点から』重点領域研究「総合的地域研究」成果報告書シリーズ:No.4 pp.26-52, 60-70, 75-104 (再録「討論1 世界単位は有効か」「討論2 『アーリア化』の中での王権について考える」『<地域間研究>の試み(上)――世界の中で地域をとらえる』高谷好一編著 京都大学学術出版会 1999 61-74, 89-96頁).

 <エッセイ> 1993年「プリー王の思い出」『通信』第80号(『異文化との出会い――アジア・アフリカのフィールドノートから』東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 pp. 179-181 再録)

        以上