研究業績から

山口裕子・金子正徳・津田浩司(編)
「国家英雄」が映すインドネシア

出版社: 木犀社
(長野県松本市)
発行年月日: 2017年3月31日
サイズ・頁数: A5・333pp
定価: 本体4,000円+税
ISBN: 978-4-89618-066-4

「国家英雄」が映すインドネシア


 【概要(帯文)
  • インドネシアの独立と発展に貢献した人物をたたえる最高位の称号、「国家英雄」。1万3千もの島々に、千を超える民族集団を擁する国家として独立してから70年あまり、生まれながらの「インドネシア人」が国民の大多数を占め、民主化と地方分権化の進む今となってもなおインドネシアは、なぜ「英雄」を生み出し続けるのか。国民創設期に誕生した国家英雄制度は、国民統合に向けて変容を重ね、高度に体系化されてきた。その歴史と認定された英雄、認定をめざす地方や民族集団の運動に光を当てる。
  • 国家英雄制度は多様な性質を示しながら今まさに進行中の過程である。各地で地元の「英雄」を見いだして殿堂入りを果たそうとする運動はまだ衰える気配はない。そこから浮かび上がるのは、今日この制度が、少なくとも一年に一度ネーションやナショナリズムについて人々に再考させる機会や装置としてうまく働いており、それに地方や民族集団が決して一元的ではない方法で応答しているという様相である。本書では、運動を推進し、人々をそれへと向かわせるドライブを、国家と地方の歴史過程、民族集団の構成、宗教、地方資源と開発の状況などの諸変数を視野に検討していく。「国家英雄」への注目は、このように独立宣言から七〇年あまりを経て成熟期を迎えた多民族国家における国家と諸集団間のダイナミックで多元的な歴史的関係に迫るための参照枠組みとなる。(「序章」より)


 【目次】

● 序 英雄大国インドネシア (山口裕子・金子正徳・津田浩司)

はじめに
1 国家英雄か国民英雄か―ナショナルとバンサ
2 国家英雄制度の誕生と変遷
   スカルノ初代大統領期(一九五〇年代~六六年)
   英雄制度のジェネオロジー―植民地期から国民形成期へ
   日本軍政期
   一九五〇年代のナショナル化
   国民統合と英雄認定―スハルト期(一九六六年~九八年)
   増殖する英雄―ポスト・スハルト期
3 英雄大国インドネシア―本書のねらいと構成


● 
Ⅰ 未完のファミリー・アルバム
――東南スラウェシ州の、ふたつの英雄推戴運動 (山口裕子)

はじめに  
1 東南スラウェシ州の概要と、ふたりの英雄候補
2 ハルオレオ推戴運動
3 もうひとつの英雄推戴運動――ブトンのスルタン・ヒマヤトゥディン
4 未完のファミリー・アルバム


● Ⅱ 新たな英雄が生まれるとき
――国家英雄制度と西ティモールの現在 (森田良成)

1 東ヌサ・トゥンガラ州の周辺性と、英雄の「不在」
2 新たな英雄の登場
3 まだ見ぬ英雄が負うもの
4 「遅れをとった」英雄の物語
5 「神話」と「歴史」


● Ⅲ 民族集団のしがらみを超えて
――ランプン州における地域称号制度と、地域社会の課題 (金子正徳)

はじめに
1 地域社会の背景
2 地域称号制度
3 制度と運用
4 地域称号制度と代表性のポリティクス
おわりに


● Ⅳ 「創られた英雄」と、そのゆくえ
――スハルトと一九四九年三月一日の総攻撃 (横山豪志)

はじめに
1 同時代の位置づけ
2 スハルトの功績としての「総攻撃」
3 スハルト発案説の公式化
4 民主化後の見直し
おわりに


● Ⅴ 偉大なるインドネシアという理想
――ムハマッド・ヤミン、タラウィの村からジャワの宮廷まで ファジャール・イブヌ・トゥファイル, 荒木亮訳)

1 ナショナル・ヒストリーとライフ・ヒストリー
2 はじまりの場所―スマトラ
3 ジャワでの生活とジャワ文化との出会い
4 偉大なるインドネシアという理想
まとめ


● 
Ⅵ 「歴史をまっすぐに正す」ことを求めて  
―― 国家英雄制度をとおした、ある歴史家の挑戦 (津田浩司)

1 国家英雄のフォーマット
2 
3 歴史記述を「まっすぐに正す」
4 国家英雄をとおして「代表される」べきもの
5 国家英雄制度をとおした歴史記述の見直しの可能性と限界
6 エピローグ―国家英雄概念の拡張


● Ⅶ 「国家英雄」以前
――「祖国」の創出と名づけをめぐって (加藤剛)

1 国家建設と国民統合という難題
2 インドネシアの国民形成と国民統合
3 インドネシア・ナショナリズムのレキシコン
4 「独立」と「植民地支配」
5 「祖国」の創出へ向けて
6 詩集『インドネシア我が祖国』が示すもの
7 「名づけ」までの道のり
8 「インドネシア」の発見
9 「国家英雄」以後
10 「国家英雄」のゆくえ


● あとがき

● 索引

● 執筆者紹介



【備考】

 【関連の読み物】

Comments