著作‎ > ‎

『イメージの人類学』(2018)

『イメージの人類学』 『イメージの人類学』(せりか書房、2018年4月)は、「イメージ」の概念を軸として、人類学の過去から現在、そして未来までの全体を見通しうるような理論的視座の構築を目指した本です。人類学理論から「文化」・「社会」の概念を「引き算」し、その代わりに「脱+再イメージ化」と「社会身体」の概念を軸とする——しかしそれとともに民族誌的フィールドワークという根本的な作業をしっかり見据えた——人類学を展望します。そして本の後半では、デスコラの「自然の人類学」から想を得つつ、それを「イメージの人類学」の思考枠組みの中で捉え直しつつ、「イメージの人類学」を実践していくための一連の道具を実装していきます。その過程で、人類学が哲学、映画やアート、そして科学と有意義な対話をしていくための様々なヒントも提示していきます。さらに「おわりに」では、この「イメージの人類学」を、未来に向かう学問的実践として捉え直します。

 このように書くと、本書は理論志向の、抽象的で難しい本であるという印象を与えるかもしれません。しかしこれは実際には、具体性に富んだ、「人類学らしい手触り」が十分にある本です。下に掲げた目次にもある通り、本書では20世紀前半の古典的民族誌から2010年代の先端的な民族誌まで、そしてドキュメンタリー映画や劇映画など、多様な具体的素材が引用されます。また第3章および第5章第1節では私自身の南アメリカにおけるフィールドワークの経験が詳しく述べられ、「イメージ」、「社会身体」といった中心的概念の必要性も、そうした具体的経験との関係で提起されます。本書を通じて提示される、従来の「文化」、「社会」の枠組みを通してでは見えなかったような新たなパースペクティブというのは、こうした様々な民族誌的な「イメージ」の全体と切り離せないものです。付け加えれば、終結部(第8章後半から第9章)では、理論的考察をしばしば意識的に後退させ、現代進行形の人類学的記述を「モンタージュ」するような叙述形式を採用しました。これは、とりわけ現代人類学の問題性について述べるためには、読者自らがそれをダイレクトに感受し、主体的に思考していくことが大事だと考えたからでした。

 本書はそれゆえ<イメージの人類学>の理論を提示する本であると同時に、<人類学>そのものをできるだけ全体的に、首尾一貫した形で提示しようとする本でもあります。究極的には、読者の中に<人類学>そのもののの今日的な問題性への関心を喚起していくという目的に比べれば、<イメージの人類学>の枠組みは重要ではないといってもかまいません(私はこの本でいわゆる「独創性」や「新奇性」を目指したのでは全くありません)。私は実際、この本が人類学を全く知らない読者にとっての人類学の現代的入門書にもなるように、予備知識をほぼ一切前提としないで徹底的にクリアーに書くことを目指しました。読者がこの本を全部読み切らなくてもいい(もちろん全部読み切ることで得られる展望は大事ではありますが)、とも思っています。私の意図は、本書を書いている過程での私の——半ば不可能な?——目標は、人類学者を知っている読者とそうでない読者の両方が、どのページを開いても何らかの発見の喜びを感じられるようにしたい、というものでした。

 簡単に舞台裏をご説明するなら、私が「イメージ」概念を軸に人類学を根底から考え直す必要を感じたのは、本書の第3章でも書いた通り、チリの先住民マプーチェのもとで行ったフィールドワークについて反芻していた1990年代前半のことです。しかし、イメージについて深い理解を持たなければこの企ては達成できないことも痛感し、その後人類学を意識的に離れて哲学や映画の領域に踏み込んでいきました。そのあと2000年代には、映像人類学・民族誌映画の領域を対象としつつ「イメージの人類学」について考えました。そうした準備の上で、人類学において1990年代から2010年代にかけて新たに力強く現れてきた諸成果(とりわけ自然の人類学)をも吸収しつつ、現代の人類学についての私なりの全体的ビジョンを提示したのが、この『イメージの人類学』という本です。 

『イメージの人類学』(せりか書房、2018年4月16日初版刊行、308+v頁) 定価3000円+税    (Information in English is available here)

*書評:哲学者の野矢茂樹氏が『朝日新聞』(2018年7月14日)に「異質な世界を捉える学問のいま」というタイトルで、また哲学者・文学者の宇野邦一氏が『週刊読書人』(2018年8月17日号)に「映像を通じて人類学を再構築ー「イメージ」の一語ははるかに厖大で多様な宇宙に開かれる」というタイトルで、書評をお書きくださいました。詳細についてはこちらのページをご覧ください。

「はじめに」プレビュー [画像右上をクリックすると全体画面で読めます]
 ジャケットのデザイン(装幀=工藤強勝氏)

an_anthropology_of_images
  
[画像をクリックすると大きくなります]